ヘビースモーカーの歯を白くするには

クリーニングで綺麗になる

1回だけでは終わらない

訪れるペースを考えよう

クリーニングを受けても、時間が経過すれば効果を失ってしまいます。
ですからずっとタバコを吸うなら、歯医者に通い続けることになると覚えておきましょう。
大体、3か月に1回ぐらいのペースで行くことをおすすめします。
それならヤニ汚れが付着しても、簡単な処置だけで綺麗になります。

歯が白くて綺麗な状態を維持できるので、身だしなみも整えられますね。
そこで、行きやすい歯医者を探してください。
設備が整っており優秀な医師がいる歯医者でも、かなり遠くにあると行くのが大変になります。
最初の1回や2回は行けたかもしれませんが、そのうち行くのが面倒に感じますし、高い交通費も発生するので、できるだけ近い距離の歯医者を選びましょう。

口内のチェックを受ける

歯のクリーニングと一緒に、口内のチェックを受けるのが良い方法です。
すると虫歯の初期状態に気づけますし、歯茎の下がり具合も調べてくれます。
病気の早期発見に繋がるので、やはり3か月に1回は歯医者に行った方が良いでしょう。
1年に1回ぐらいのペースでは歯の身だしなみを整えられませんし、病気になっていた場合の発見が遅れてしまいます。

また歯のクリーニングではヤニ汚れだけでなく、歯にこびり付いた歯石や歯垢も除去してもらえます。
それらが虫歯の原因になると、忘れないでください。
こびりついた汚れは歯ブラシでは落とせず、専門的な機械を使う歯医者の力が必要です。
仕事が忙しい人も必要な行為なので、時間を見つけて訪れてください。


この記事をシェアする